牛肉の放射能問題

牛そのものが放射能で外部被爆していたり、汚染された餌を食べて内部被爆した結果、汚染牛として多くの牛が殺処分されている現状が痛々しい限りです。

また、被爆した可能性があるのにその牛が出回ってしまったという記事を新聞などでよく見かけます。 前にも、食の問題として'賞味期限の捏造'というのが発覚した時期もありましたが、今回のこの放射能問題も私たちの食環境を見直すいい機会なのではないでしょうか?

放射能は目に見えないため、放射能に汚染された食べ物を私たちが摂取して、内部被爆に至ったとしても、全く気付くことはないでしょう。

だからこそ、危険なのです。痛みを感じるころには、体内はボロボロ…なんて嫌ですよね。しっかりとこの問題と向き合っていきましょう。

牛乳の産地も調べた方がいいかも

皆様は乳牛の産地、ちゃんと調べていますか?調べていない方、これからはちゃんと調べた方が良いですよ!

なぜかというと、'生物濃縮'の恐怖があるからです。'生物濃縮'について簡単に説明すると、例えば最初に1だった放射能が、いくつかの生物の食物連鎖を通して、私たちの口に入るころには100になってしまうという現象です。

まだ、生物濃縮についてわかっていなかった頃、日本で原因不明として大きな問題になったのが、イタイイタイ病などの公害でした。

汚染された川の微生物を魚が食べ、その魚を人間が食べることで濃縮された発病物質を体内に取り込んでしまい、結果として病気になる恐ろしいものです。

今、これに近いものが場合によってはこの日本でまた起こってしまう可能性があるのです。 未然に防ぐためにも、産地について気を配ることをお勧めします。

西日本産の牛肉を宅配できるサービス業者

東日本産の牛肉と西日本産の牛肉。今、安全なのはどちらだと思いますか?

答えは簡単ですね、西日本産の牛肉であることは言うまでもないですね。福島での原発の放射能漏れで東日本では、多かれ少なかれ食品が放射能で汚染されている可能性があるからです。

しかし、多くの宅配サービス業者の中で西日本産を選べる業者は今の所、かなり少ないのが現状のようです。これだけ毎日のように、放射能による汚染問題が指摘されている世の中です。確実に西日本産の牛肉を取り寄せたいとは思いませんか?

そこで、お勧めなのが宅配業者のおいしっくすです。オイシックスでは西日本産の牛肉が手に入ります。 また、放射能対策は念入りで、厳しい検査を一品一品丁寧に行っているそうです。

国産がダメなら、外国産を買うよ…という方、確かにそれも一意見として認めますが、そのお肉本当に安全といえますか?

放射能は風で飛散しています。つまり地球のどこのお肉でも今回の放射能の影響を受けている可能性があるのです。 ならば、世界でも一、二を争う検査の厳しい日本の食品出荷規格を信用しないで、他に信用して安全といえる所があるでしょうか。

まして、オイシックスではさらに厳しい規格を設けて出荷しているのです。 自分の体のためにも本当の安心・安全を手に入れることを検討してみて下さい。

このページの先頭へ

  • 西日本産の牛肉