西日本野菜宅配の通販サービス業者を選ぶときの注意点

  • 注意点①

    西日本産の野菜を選んで購入することができるかどうか?

    人の画像


    野菜宅配サービスによっては、西日本産の野菜を取り寄せしていますが、選べない場合などがあり業者任せになっている場合もあるので注意です。また西日本産の種類の多さも必要になってきます。

  • 注意点②

    放射能測定の方法が野菜宅配業者によって違うことを知ろう?

    人の画像


    宅配業者によっては、放射能の数値そのものの違いがあり、また測定方法が異なる場合があります。測定方法は、数多くの商品の中から抜き打ちする検査方法とすべて出荷商品を測定する方法があります。

  • 注意点③

    牛肉の放射線汚染問題がありますが乳製品も扱っているのか?

    人の画像


    福島の牛肉の放射能汚染問題ですが、牛肉だけでなく、牛乳などの乳製品にも気を使いたいですね。子供に安心して食べさせることのできる西日本の野菜だけでなく牛乳も取り寄せできるのか?が宅配サービス選びのポイントでもあります。

野菜宅配の通販サービス一覧

oisix【おいしっくす】

oisix【おいしっくす】 管理人が一番お勧めする野菜宅配サービス

オイシックス

西日本野菜は? 選択可能・産地も選べて生産者もわかる
牛乳・乳製品 西日本の牛乳・乳製品あり
放射能測定方法 野菜や乳製品・肉魚など発送前に1品ずつすべて検査
一部の商品で抜き打ち検査のみ

入会金・年会費は無料。西日本産を選べることができるし産地も確認できる、また生産者名や顔写真なども公開、栽培方法(無農薬・有機野菜)などの細かい情報なども見ることができます。

お試しは980円~2,900円・本登録(定期宅配コース)すると送料が安くなりお得に購入可能です。

おいしっくす【Oisix】・他の業者との違いを比較 注意事項→お得な入会方法と注文・購入方法

大地を守る会

大地を守る会 子供たちへの安心野菜セットがおススメ

大地を守る会

西日本野菜は? 西日本産を取り寄せしているが産地は指定できない
牛乳・乳製品 牛乳・乳製品あり(岐阜・静岡・群馬産)
放射能測定方法 毎日全商品での抜き打ち検査

年会費1,000円・預託金5,000円が必要。牛肉は岩手産のものを使用していますが検査体制をきつくしていますので安心して召し上がれます。

お試しは980円~2,980円・子供たちへの安心野菜セットは、放射能不検出を確認したものをお届け7~8品目で2,180円

らでぃっしゅぼーや

らでぃっしゅぼーや

らでぃっしゅぼーや

西日本野菜は? 西日本産を取り寄せしているが産地は指定できない
牛乳・乳製品 牛乳・乳製品あり
放射能測定方法 抜き打ち検査

入会金5,250円・年会費1,050円が必要。旬の野菜を取り扱っている西日本産の野菜を選ぶことはできない。

無農薬野菜ミレー

無農薬野菜ミレー

ミレー

西日本野菜は? 千葉県周辺のものを取り扱っている
牛乳・乳製品 牛乳・乳製品あり
放射能測定方法 抜き打ち検査

入会金・年会費は無料。主に千葉県産のものを多く取り扱っている

初回購入のみの1,500円のお試しセットは、2,400円分の野菜が入っていてお得。

西日本野菜を取り寄せし安全な食生活を

原発事故

原発事故によって原発付近の放射能汚染問題は日々収束していく様子を見せません。付近の住民が様々な被害を受ける中、度々ニュースで取り上げられる目に見えない危険には計り知れないものがあります。

特に食品に関わることになると、私たちだって他人事ではありません。知らずに汚染された食品を口にしていたら・・・、とすぐにそんな考えが浮かんでしまいますよね。

ですから、安全な食生活を維持していくためにも、食品の産地というものを今一度見直してみる必要があるとは思いませんか?そこで提案したいのが「西日本産の野菜」なんです。

九州地方・中国地方・四国地方・関西などの西日本産の食材には、放射能のリスクが軽減されることから需要が高まっています。西日本産の牛乳などの乳製品や果物、魚も取り寄せできる宅配業者を選びましょう。

放射能汚染の心配な野菜をもし摂取したなら

放射性物質

放射性物質というのは厳密に言えばこのような事故がおこらずとも私たちが普段口にしている全ての飲食物に含まれている、ということをまず最初にお伝えしなければなりません。

それどころか人体に含まれる必須元素のカリウム、これは体重1キログラムにたいして2グラム存在していますが、その0.01%はβ線を出すカリウム-40です。


私たちはどのような環境であれ、ごくごく微量の放射線をだす環境の下で生活しているということになります。それでも、放射能汚染の心配な野菜をもし摂取したとき、注意する点がいくつかあります。

それは、長期間残存する放射性核種、についてです。 放射性物質にはそれぞれ種類によって半減期(放射能が弱まるまでの期間)があります。 例えば、放射性物質であるヨウ素131、これの半減期が8.06日なのに対して、セシウム134は2.06年になります。

その他特に注意しなければならないものの例には、以下が挙げられます。

  • セシウム137(半減期30.2 年)
  • ストロンチウム90(半減期28.9 年)
  • プルトニウム239(半減期2 万4,400 年)

このような人体の限界を遙かに超えた危険性を持った物質が、その程度は限りなく低いものの原発施設外に放出されたという事実はあるわけです。

もちろん、被爆の程度が高いほど、それに応じてガンによる死亡率も上がってしまいます。 放射能に汚染された食材を摂取したとき、それらの半減期に応じて放射性物質は放射線を発し続けます。 場合によっては常人とは桁違いの発がんリスクを抱えながら生きていかなければならなくなってしまうことも考えられます。

西日本野菜を取り寄せできる通販は限られている

より安全な食生活を、と思ったときに、産地や生産者によって食材を選べたら安心だと思いませんか?
特に放射能汚染問題が心配なら西日本産の食材を取り寄せることをおススメします。

おいしっくすキャプチャ


おいしっくす【Oisix】」では産地で野菜を選べるんです。 野菜配達サービスはその他にもいくつかあるのですが、西日本産の野菜を選んで購入できるのは「おいしっくす」だけなんですよ。

どうせ選ぶのなら、そうしたサービスの幅が広い業者がいいですよね。 安全な地域から新鮮な野菜を手間をかけずに購入できるオイシックスは、食品の安全問題に注目される方に特にオススメです。 お試しサービスもありますし、一度試してみてはいかがですか?

九州・四国・中国地方などの西日本産の野菜は、需要が高く入手困難な場合が多いですが、オイシックスの定期宅配サービス「おいしっくすくらぶ」なら数量限定の商品なども購入できるというメリットがあります。

関連参考サイト

西日本産の有機野菜や無農薬野菜を宅配するときの注意点やサービス業者の選び方など
野菜宅配~西日本産の野菜を取り寄せ【放射能対策に】

このページの先頭へ

  • 放射能対策に西日本野菜を取り寄せする方法